カラーで頭皮が痛いのはなぜ?ジアミンアレルギー自由が丘美容院が解説

自由が丘mieno

03-3717-6269

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-25-22 

営業時間:9:30〜19:00 定休日:毎週火曜日

自由が丘mieno店内

カラーで頭皮が痛いのはなぜ?ジアミンアレルギー自由が丘美容院が解説

スタッフブログ

2024/01/15 カラーで頭皮が痛いのはなぜ?ジアミンアレルギー自由が丘美容院が解説

 

カラーで頭皮が痛いお悩みはに自由が丘mienoにご相談

 

身体に優しいノンジアミンカラー

 

セルフカラーで頭皮が痛い経験をすると、おどろいてしまいませんか?。

セルフなどでヘアカラーはしたいのに躊躇してしまうかもしれません。

 

この記事では、

 

・なぜヘアカラーで頭皮が痛いのか

・頭皮が痛くならないヘアカラーの方法

 

について、ノンジアミンカラー専門美容師である藤原が解説していきます。

なお、セルフカラーにはお手頃価格という魅力はありますが、美容師としては美容室でのヘアカラーがおすすめです。

その理由についても解説していきます!

 

 

 

自由が丘美容院mieno藤原

 

藤原 由夏

 

美容院自由が丘mieno

 


 

 

ヘアカラーで頭皮が痛い2つの原因

ヘアカラーで頭皮が痛い場合に考えられる原因は2つです。

それぞれ詳しく説明していきます。

 

原因1.カラー剤へのアレルギー反応|ジアミンアレルギー

カラー剤の中のジアミンという成分によるアレルギーが生じると、頭皮に痛みがでます。

実は、一般的なヘアカラーの多くにジアミンが含まれます。

ジアミンアレルギーは、ある日突然発症するのが特徴です。

セルフカラーのタイミングで、ジアミンアレルギーを発症してしまった可能性もあるでしょう。

発症してしまうと、ジアミン成分が入っているヘアカラー剤は使用できなくなります

ジアミンアレルギーの特徴については、以下のとおりです。

 

・ヘアカラーを流したあとに遅れて症状がでる

・ヘアカラーの翌日以降に「かゆみ」「ぶつぶつ」が継続する

・頭皮・耳などが赤く腫れることがある

 

原因2.カラー剤の刺激に対する反応|接触皮膚炎

ヘアカラーの塗布・放置のときに頭皮が痛いと感じる場合、ヘアカラー剤の刺激によるものと考えられます。

カラー剤の1剤と2剤を混ぜる際に、アルカリ剤と過酸化水素の反応でpHが変動するのですが、それが頭皮に刺激として感じられるためです。

接触皮膚炎については、洗い流せば痛みがなくなるとされています。

 

セルフカラーだと頭皮が痛い原因|カラー剤の成分の違い

お客様によっては、市販のヘアカラー剤を使ってセルフカラーすると痛みが強い方がいらっしゃいます。

市販のカラー剤は専門家ではない人でもしっかり染め上げられるように作られており、染料であるジアミンが多く配合されているようです。

 

セルフカラーで頭皮が痛い方は美容院でのヘアカラーがおすすめ

 

IMG_2570

 

これまでセルフカラーで頭皮が痛いと感じた経験があるならば、美容室でノンジアンカラーをおすすめします。

カラー剤の特性を熟知した美容師が、技術をもって施術できるので、万が一痛みが発生した場合でも速やかに洗い流すといった対処が可能です。

美容室mienoでは、事前にノンジアミンカラーのパッチテスト(無料)も実施しています。

より安心してカラーを楽しんでいただけますよ。

 

 

 

美容院自由が丘mieno

 


 

頭皮が痛くならないヘアカラーを楽しむ4つの方法

カラーで頭皮が痛い原因がわかれば、対策ができます。

ジアミンアレルギーの方は、ジアミン成分が配合されていないヘアカラー剤を使いましょう。

接触性皮膚炎や頭皮の傷などの頭皮環境に原因がある方は、頭皮に優しい方法でヘアカラーするのがおすすめです。

詳しくみていきましょう!

 

方法1.ジアミンアレルギーの方|「ノンジアミンカラー」を選ぶ

ジアミンアレルギー白髪染め綺麗な染まり上がりも

 

ジアミンアレルギーがある方でも、ヘアカラーできるのがアレルギー成分を含んでいない「ノンジアミンカラー」です。

ノンジアミンカラーのメリット・デメリットをみてみましょう。

 

【ノンジアミンカラーのメリット】

◯ジアミンアレルギーの方が使える

◯頭皮や髪の毛に優しい

◯嫌なニオイが少ない

◯白髪も染められる

 

【ノンジアミンカラーのデメリット】

△4トーン以下の暗めのカラーがない

△12トーン以上の明るいハイトーンの色ができない

(する場合は一度ブリーチやライトナーが必要)

 

 

mienoは、頭皮に優しく、ジアミンアレルギーの方にも施術可能なノンジアミンカラー専門の美容室です。

白髪もしっかり染まります!

ノンジアミンカラーに初めて挑戦してみたい方からのご予約もお待ちしております。

 

沁みないノンジアミンカラーとは?そのメリットとデメリットを説明

 

2.ジアミンアレルギー以外の方|頭皮への刺激を避ける

ジアミンアレルギー以外の方で、頭皮が痛いと感じる場合は、頭皮への刺激を避けてヘアカラーする方法があります。

痛みの程度によっては、以下のような対策をするだけで頭皮の痛みを避けることが可能です。

 

・ヘアカラーの直前のシャンプーをしない

・頭皮にヘアカラー剤をつけないようにする

・根元につけるヘアカラー剤を変える

・頭皮に保護ガードを塗布する

・なるべく根本につけないように塗る

 

mienoでは初回カウンセリングに30分以上のお時間をいただいています。

頭皮の刺激を避けたいなどのお悩みは、お気軽にご相談ください。

 

3.どなたにもおすすめ|シャンプーしない・無理しない

ヘアカラーの直前にシャンプーをしないだけでも、シャンプーによる乾燥を避けたり、頭皮の傷を避けたりが可能です。

また、体調が優れないときは、頭皮の痛みが生じやすいため、無理にヘアカラーしないという選択肢もあります。

 

4.美容室でのスペシャルケア|炭酸泉などでしっかり洗い流す

 

炭酸泉でクレンジング

 

美容室でカラーする場合は、しっかり洗い流すこともポイントになります。

カラー剤が残っていると、頭皮によくありません。

カラー剤をしっかり洗い流す事で、かゆみや、しみたり、痛みをなくす事ができます。

 

なお、美容室mienoでは、炭酸ジェットシャワーでカラー剤をしっかり洗い流しています!

炭酸泉は頭皮、毛穴や髪に付着したカラー剤や皮脂、日常の汚れをすっきり取り除き。

キューティクルを整えツヤのある髪にしてくれます。

 

 

 

美容院自由が丘mieno

 

 


 

カラーで頭皮が痛いまとめ

TOP3

セカラーで頭皮が痛い場合、以下の原因が考えられます。

 

・ジアミンアレルギー

・接触皮膚炎

 

ジアミンアレルギーの方は、ノンジアミンカラーを選びましょう。

接触皮膚炎で頭皮が痛む方は、頭皮に刺激が少ない方法(頭皮にヘアカラー剤をつけないようにする、など)でヘアカラーするのがおすすめです。

いずれにしても、カラー剤の特性を理解している美容師によるヘアカラーが、頭皮の痛みを避けるための改善策となります。

いつまでも美髪でいたい方を応援する美容室mienoでは、「ノンジアミンカラー」や「オーガニックカラー」など、頭皮や髪に優しいヘアカラー剤をご用意しています。

ぜひ自由が丘美容室mienoに来店してみませんか。

 

 

 

 

実際の施術画像も豊富!Instagramはこちら→ 🔗自由が丘mieno Instagram

 

 

 

美容院自由が丘mieno

 


⭐️身体と毛髪に優しいカラーNO1♪

カラーをすると頭皮がしみる、赤くなる、痒くなる、ジアミンアレルギーの方!!

頭皮が敏感で髪に艶が欲しい方におすすめなカラーが✨ノンジアミンカラー✨になります!

☑️ノンジアミンカラー!!!

☑️カット

✨通常価格19,700円→クーポン価格 18,700円(税込)

 

 

 

mienoご予約はこちら

 

 

 

 

美容院自由が丘mieno

 


 

 

 

美容院自由が丘mieno

 

 

 

 

住所 東京都目黒区自由が丘1-25-22 ギャラクシービル1F

 

www.mieno.net

 

営業時間
平日 9:30~18:00(カット最終受付17:00)
土日祝 9:30~18:00(カット最終受付17:00)

 

定休日 火曜日

 

最寄り駅 東急東横線自由が丘駅
アクセス 東急東横線自由が丘駅より徒歩3分。
自由が丘駅正面口を出て、右方向にある自由が丘デパート~ひかり街のある通りををまっすぐ進みます。
右に踏切が見えたら左に曲がり、10mほど歩くと左側の1階に自由が丘美容室mienoがあります。

 

利用可能クレジットカード VISA/MASTER

 

スタッフ数 スタイリスト4人

 

駐車場 なし

席数 セット面5席


電話番号 03-3717-6269

 

 

_MG_5595

 

 

 

美容院自由が丘mieno

TOP